ハローワーク求人で失敗しないためのチェックポイント

あなたのお仕事探しを手助けする総合情報サイト

履歴書や面接から離職転職まで!安心サポートのハローワーク

いざ働こう!と決心しても、仕事探しに手間取ったりして面倒臭くなってしまうと働く気が失せてしまうかもしれません。 それを防ぐためにも、ハローワークにおける仕事探しの手順や段取りを頭に入れておき、準備を整えてからハローワークに出向くのがいいでしょう。

安定のライフワーク!雇用保険と職業訓練の内容

自分にはなんの能力もスキルもなくて働くのが不安だという方のために、ハローワークでは職業の相談、職業訓練の斡旋等のサービスを受けられます。また、失業したり雇用継続が困難になってしまった場合に、新しい仕事を探す期間において雇用保険の給付を受けることができます。

ハローワークの利用方法

ハローワークの正式名称は公共職業安定所で、職安と略されることが多いです。
一般公募でハローワークという名称に決まり、愛称となりました。
現在、ハローワークは日本全国に550箇所以上存在し、トータルで100万件以上の求人情報を取り扱っています。
国民に対して雇用の安定を保障するために厚生労働省が設置している機関であり、企業を取り締まったり規制を行うなどの役割はありません。

また、ハローワーク本庁舎の出先機関として、〇〇公共職業安定所、〇〇出張所、ハローワークプラザ〇〇、パートバンク、職業相談室、しごとセンター、ヤングハローワークなどがあり、それらに類似する経済産業省や都道府県、市町村の出先機関も存在します。
職業安全法によってハローワークが求職者から手数料、紹介料を徴収することは禁じられているため、基本的に無料で利用することができます。
しかし、人材バンクや転職エージェントなどの民間の職業紹介事業は、求職者から手数料や紹介料を徴収することがあります。

ハローワークは基本、平日の朝から夕方にかけてのみ営業していますが、地域によってはもっと遅い時間帯や土日祝に営業している場合もあるので、事前に最寄りのハローワークを調べておくべきでしょう。
各種の手続きを行うためには最寄りの、指定されたハローワークを利用する必要がありますが、職業の相談や紹介などのサービスは全国どこのハローワークでも受けることができます。

仕事探しで失敗しないためのコツ

ハローワークで扱っている情報はとても多いため、全ての情報に関して安全が保証されているわけではありません。 ですが起こりうるトラブルを想定し、慎重に進めていれば安全に働き始めることができます。 ハローワーク求人におけるあらゆるトラブルの注意点を調べました。

TOPへ戻る