あなたのお仕事探しを手助けする総合情報サイト

仕事探しで失敗しないためのコツ

ハローワークで気を付けるべきこと

ハローワークは知名度が高く、また信頼度も高いため、悪事にその名称を利用されていることがよくあります。
例えばハローワークを装ったメールを送り付けて悪質な課金サイトに誘導して詐欺を行ったりなどです。
ハローワークを名乗ったメールやサイトが少しでも怪しいと感じたらURLのクリックや添付ファイルを開いたりせずに、直接ハローワークに問い合わせるべきでしょう。

ハローワークに出向くにあたって、なるべく人が少ないときに行った方がじっくりお仕事探しができます。
年度末は契約終了が最も多い期間なので、直後の4月上旬が最も混んでいます。
また、一週間のうちでは月曜日が最も混む日のようです。
職業相談をしに行く場合、これらの混む日は避けるべきでしょう。

求人探しの際に気を付けるべきこと

ハローワークで膨大な数の求人を取り扱っているため、問題のある求人や企業も一定数存在します。
代表的なものは固定残業の制度を悪用した、労働基準法違反のブラック企業ですが、ハローワークでは企業一つ一つに対して審査する時間がないため、見抜けません。
地域によっては、固定残業制を標榜した求人のうち、77%が違法だったというデータもあります。
また、基本的にハローワークは企業からの依頼を断ることができないため、暴力団関係の仕事や、戦地などでの危険な業務も存在します。
ハローワークは企業との争いには消極的なため、自分自身で注意することが必要です。

また、ハローワークでの求人に応募する場合は紹介状が必須になることが多いです。
ハローワークを通すことで事業主は国から助成金や給付金を受け取れるためです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る